FC2ブログ
Photoshop級のフリーなフォトレタッチソフト「Portable GIMP」・無料でダウンロードできる!画像、動画、壁紙、オンラインゲームなど、無料で入手する情報満載でお届けします!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使えるソフト、無料ゲーム満載 ⇒ 人気blogランキングへ

Photoshop級のフリーなフォトレタッチソフト「Portable GIMP」


画像を加工するソフトといえば、フォトショップ。しかし、これが高い。超高い。少し安めのペイントショップでも1万円以上はする。できればタダでどうにかしたい!

Adobe Photoshopと言えば泣く子も黙ってまた泣き出してそのまま号泣するというくらいに超有名なプロフェッショナル御用達のフォトレタッチソフト(写真や画像を加工するソフト)なわけですが、問題点は高いこと。

大体10万円ほどします。

だがしかし、そんな10万円クラスのソフトと同じような基本機能を持ったフリーソフトが存在するわけです。

その名は「GIMP」(じんぷ)。

そのGIMPをUSBメモリなどで持ち歩けるようにしたのが今回の「Portable GIMP」というわけ。

あくまで基本機能が同程度というだけですので、バリバリ使いたいという人には不向きです。とりあえず使ってみないと10万円は払えないって方はコレで試してみては。

GIMP(GNU Image Manipulation Program)は、GNU GPLの下で配布されているビットマップグラフィック編集・加工ソフトウェア。日本語では、「じんぷ」あるいは「ぎんぷ」と発音されることが多い。1995年にSpencer KimballとPeter Mattisが開発を始めた。「フォトショップキラー」の通称もあるほど。

2004年3月24日にGIMP Ver. 2.0がリリースされた。gettextの仕組みを使って多言語対応しているが、日本語の翻訳が完全でない部分も多い。GIMPをベースにしてAdobeのPhotoshopとメニューの並び順を同じにしたGIMPshopやMac OS Xの(Cocoa)フレームワークに移植されたSeashoreがリリースされた。

使えるソフト満載 ⇒ 人気blogランキングへ

(引用:GIGAZINE


使えるソフト、無料ゲーム満載 ⇒ 人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。